気功能力開発グッズ

HOME > 気功能力開発グッズ > 書籍 > 気功のバイブル『気の人間学』とは?

気功のバイブル『気の人間学』とは?

今から20年前に出版されている書籍ですが、その内容は今も色褪せることなく、「気功の教科書」「気功のバイブル」として読まれ続けています。


「気」とは何なのか?

「気」ありやなしや?


マクロ的に「気」を知らない方が、「気の入門書」として読むには絶好の本となっています。


また、気功の練習を行われている方にとってはミクロ的に深く「気」を追求・理解することができる「気の専門書」としてお手元に置いておくこともできます。


気の能力も段階的に上達をしていきますが、自分の気のステージ(レベル)によって、内容の理解度に変化が現れてきます。


矢山先生もおっしゃられていますが、この本は内容をかなり凝縮して書かれています。


とても大切なことを、さらっと書かれていますので、気功の練習をされている方は、本の行間、文字間から内容をひも解き、さらに大切なエッセンスをつかみ取ってみるのも楽しみの一つと言えるでしょう。


折に触れ、定期的に読まれると、その時々で心に染みいるように内容が入ってまいります。

 

目次をご紹介しておきます。


1 人間は物質からできた身体と気のエネルギーからできた身体を持っている

 

2 小なる宇宙である自分を知り、そこに気を巡らす方法を小周天という

 

3 手に"気のボール"ができると気の世界へ入門だ!

 

4 気の流れの男女差の発見によって古典を超えた矢山流小周天法

 

5 患者さんを師とし、小周天バンドの発明によってできた小周天気功法のシステム

 

6 大周天法により、意識のステージを進化させる

 

7 チャクラを開いて、エネルギーの海である空間から気を取り込む

 

8 気の訓練でみえてくる体や心の本当のしくみ

 

9 西洋医学にはない"気"によって内なる治癒力を高める発想

 

10 外気はすべての人間のなかに冬眠している普遍的な能力

 

11 気の訓練でイメージ「力」と確信「力」を高める

 

12 気の力を高めて、環境の"気"「風水」を読み取る

 

13 人間の気が刻まれた「場所の記憶」には「気感コンセンサス法」でアプローチしよう

 

14 東洋の気功法と西洋のトランスパーソナル心理学で知る意識の進化と自由

 

15 意識のスペクトル論を地図に気功法で意識を進化させる

 

16 空海とJ・L・ホイットンにみる意識の進化論

 

17 西洋スポーツにない中国拳法の訓練「立禅」とは

 

18 気功法は神経を鍛え、脳を鍛える訓練だった

 

19 Oリング・テストを正しく学び気を実感しよう

 

20 万物が有する気の波動を人は意識下でキャッチしている

 

21 プラスの気は気楽、マイナスの気は気詰まり

 

22 意識エネルギーを科学や医学に組み込んだ時代がやってくる

 

23 意識の波動を自由に作りだせば意識も物質も物理エネルギーも自由自在にできる

 

24 無尽蔵の気を体現する中国の3人の老師

 

25 イメージ力と確信力が外気功の秘訣であり、創造力の秘訣である

 

26 21世紀には高度の感受性と最先端の科学技術を融合した宇宙エネルギー技術が生まれる

 

27 大周天になると気において両性具有となる

 

28 頭のなかで現実世界用のコンピューターと気の世界用のコンピューターをつくる

 

29 次の世代は高度な科学技術と高度な霊性感覚を兼ね備えた人の時代となる

 

30 教えを聞くより「そうなること」を追求して空海に出会った

 

31 誰にでもできる三密加持「阿吽気功法」で空海の世界に参入する

 

32 すべての修行者が求める「空」に至る技術が明らかにされた

 

33 三密加持により三摩地に至りそして「空」に入っていく

 

34 「老子」、「荘子」、「ヨーガ」、量子力学、そして「空海」の考える「無」とは

 


目次を見ているだけでもワクワクしてきます。

 

是非、ご一読をおすすめします。


書籍にご興味をもたれた方は、こちらからご購入できます。


実際に気功をやってみたいと思われた方はこちらのDVDを観ながら自宅で練習できます。


気功教室で気功を習ってみたいと思われた方は、こちらからお近くの教室を探せます。 


ショッピングサイトへ ページの先頭に戻る